女の人

産廃処理心得|産業廃棄物は機械を使って迅速な処理を

混ざった廃棄物の処分

ゴミ

住宅の撤去の際に発生する混合廃棄物。これを処分するためには業者に処分してもらうことになるのですが、業者によって見積は大きく変わるので事前にしっかりと下調べをしておきましょう。

詳細

機械の種類

作業員

解体作業の時に発生する産業廃棄物は、迅速な処理が必要です。種類によって分類し、大きなガレキは粉々に砕き、そして処理場に持って行き処分するというのが、産廃処理の流れです。この産廃処理は手作業でやるのではなく、機械を用いて行なったほうが素早く処理することができます。そのため、今や産廃処理は機械が必須となっています。処理のために用いる機械は、用途に分けて様々な種類があります。例えば、ガレキや粗大ごみを粉々にして持ち運びをしやすくするための破砕機です。破砕機は、破砕する産業廃棄物によって使用する機材が違います。岩石やコンクリート用のものや、木材、プラスチック、粗大ごみなど、用途によって違う場合があるので購入及びレンタルをする際には気をつけて選ばなければなりません。産廃処理において重要なのは、選別です。廃棄物処理場ではきちんと選別されていないと処理してくれないため、きっちり分けておかないとならないからです。そんな選別に役立つのが、篩です。こちらは名前のとおり篩いにかけ、選別を行う時に用いられます。振動して選別するものや、磁力を用いて鉄くずなどを選別するもの、そして手作業で選別する用のベルトコンベアーもあり、種類は多岐にわたります。
これら産廃処理用の機材は、購入あるいはレンタルで使用することになります。レンタルはコストも安く、使用後は設置のためのスペースを用意しなくても良いのですが、何度も使用する場合はかえって購入したほうがコストは低く抑えられる可能性があります。

専門家に依頼をする

男性作業員

ガレキ選別や撤去作業は、一人で行おうとすると膨大な次官と作業量になり、規模によっては莫大な時間がかかります。しかし、プロに依頼すれば数日程度で終わることがほとんどです。

詳細

粉々に

3人のメンズ

産廃、すなわち産業廃棄物は処分やリサイクルがしやすいように粉々に破砕するのが最も適しています。機材を購入、あるいはレンタルすることで業者に依頼することなく自分で行えます。

詳細